メニュー

大阪市の検診が当院で受診できます。

肺癌検診、乳がん検診、胃がん検診、大腸がん検診、子宮頸癌検診、特定検診

 

乳がん検診、胃がん検診、子宮頸癌検診、及び婦人科外来は予約制です。

お電話でご予約下さい。

お知らせ

◆インフルエンザの予防接種を始めました。◆ [2018.10.01更新]
◆内視鏡による大阪市胃がん検診を行っております。◆ [2017.11.15更新]

50 歳以上の方については、胃部X線検査と同額の負担金(1500円)で内視鏡による大阪市胃がん検診を受けることができます。

受診には条件がありますので、詳しくは医院までご連絡下さい。

◆大腸CT(CT大腸内視鏡)検査を行っております。◆ [2017.11.15更新]

大腸CTは、大腸に炭酸ガスを注入し、最新のマルチスライスCTで撮影を行います。実際の内視鏡を挿入せずに内視鏡検査に類似した大腸画像が得られる検査方法です。大腸ポリープや腫瘍の診断を目的としています。

◆肺炎球菌ワクチンの接種行っております◆ [2017.10.03更新]

詳しくは医院までご連絡下さい。

◆アフターピル(緊急避妊薬)の取り扱いをはじめました◆ [2017.10.03更新]

詳しくは医院までご連絡下さい。

◆禁煙外来を行っております◆ [2017.10.03更新]

禁煙をお考えの方はご相談下さい。

◆鼻からの胃内視鏡検査(胃カメラ)が可能です◆ [2017.10.03更新]

口からの内視鏡検査では、内視鏡が舌の付け根に触れるため、吐き気を催しやすく、患者さんが辛く感じられることがあります。
新しい鼻から挿入する内視鏡では、
・舌の付け根に触れず、吐き気を催しにくい
・会話をしながらの検査が可能
などのメリットがあります。
鼻からの内視鏡検査をご希望の方は、医師、看護師にご相談ください。

◆乳がん検診のお知らせ◆ [2017.10.03更新]

40歳以上を対象としたマンモグラフィーによる「大阪市乳がん検診」を行っております。なお、30~39歳の大阪市乳がん検診は、超音波検査で行っております。
生活様式の欧米化、少子化の進行とともに、日本人の女性で「乳がん」にかかる人は年々増加し、現在、胃がんを抜いて最も頻度の高いがんとなっています。毎年、女性の30人に一人が「乳がん」を発症し、毎日、平均26人がこの病気で亡くなっています。
「乳がん」から命を救うには、早期発見が不可欠であり、そのためには、マンモグラフィー検診をより多くの人々に受けていただくことが最も重要と考えます。40歳を過ぎたら、ぜひともマンモグラフィー検診を受けてください。

詳しくは、看護師にお尋ねください。

◆駐車場を設けました◆ [2017.10.03更新]

医院西どなりに駐車場があります。
ご利用ください。
(受付にお尋ね下さい。)

診療時間

診療時間
9:00~12:30
(診療受付
8:30~12:00)
〇※〇※〇※
17:00~19:30
(診療受付
16:30~19:00)
※※〇※※※

外来担当医、検査・検診についてはこちらをご覧ください。

 休診日 

木曜・土曜の午後、日曜、祝日

※火曜午前は糖尿病外来も実施
 木曜午前は循環器外来も実施
 火曜午前、金曜午前午後は婦人科外来も実施

当院で行っている治療

内科

一般内科(頭痛、発熱、風邪、倦怠感、食欲不振、体重減少、めまいなど)

消化器疾患(逆流性食道炎、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、便秘など)

呼吸器疾患(気管支炎、肺炎、気管支喘息、肺気腫など)

糖尿病

外科

打撲、捻挫(ねんざ)、軽度の外傷、やけどなど

婦人科

子宮筋腫、子宮内膜症、月経異常、外陰部、おりものの異常、性器クラミジア感染症、更年期障害など

放射線科

胃透視、CT、大腸CT(CT大腸内視鏡)、マンモグラフィなど

交通案内

〒559-0016
大阪府大阪市住之江区西加賀屋1丁目1番6号
地下鉄四つ橋線「北加賀屋駅」から徒歩3分
大きい地図はこちら

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

  • 大阪大学医学部附属病院
  • 関西医科大学附属病院
  • 大阪急性期・総合医療センター
  • 住友病院
  • 南大阪病院
  • 山本第三病院
  • 大阪ブレストクリニック
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME